読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BattleProgrammerShibata

ある日は誰かと戦い、ある日は何かと戦い、そしてある日は自分と戦うのだろう、そういう生き物。

React.js と Flux について少し考え始めないといけない

JavaScript React.js Flux

非常に軽いアプリケーションとはいえ、Electron.js という舞台で自分がこれあったらいーなーと思うアプリを作ることが出来ているので、雰囲気は掴めてきている。 先人達のアプリのコードを参考にしたいところがあるのだが、そもそも React.js や Flux の概念がないと個人的に厳しいところがあったので、本当、いい加減に考え始めなければいけない。

speakerdeck.com

さて、MVC と Flux の違いは、だいたい、こんな感じだろうか。

  • MVC東京メトロ。開発者はしぬ。
  • Flux:ディズニーリゾートライン。開発者はしななさそう。

資料にもあるように、Flux はあくまで「パターンに名前が付いただけ」とゆるく構えるのがよさそう。 React.js については以前オライリー本を読んでいたのだが、JavaScript の内部で JSX ゴリゴリしているのを見続けていたら体調不良になったので挫折している。今の Backbone.js 温泉にぬくぬく浸かっている自分に自己嫌悪している部分もあり、いい加減にテンプレートを窓から投げ捨てた概念について少しでも学ばなければならないという気持ちになりつつあるのは観測範囲と興味対象のせいだろうか。オライリー本は強壮剤キメて再挑戦してみる予定。

JS テンプレートたち

数多のテンプレートが誕生しながらその根っこが変わってしまうのは、正直インパクトと精神的ダメージが大きい。 とはいえ捨てないと前に進めないときも来るというもので。

Riot.js についてはとうぶん耳を塞がせて欲しい。複数の概念に平行して触れられるほど、器用じゃない。